月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  電気代の節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビの節約術5ヶ条

エアコン・冷蔵庫・照明器具に次いで電力消費が大きいのがテレビです。
今や一人に一台の時代だけに、節約の効果も大きいです。


1.見ていないときはテレビを消す
当たり前のことだが、テレビを見ていないときは消すようにしましょう。
1日1時間テレビを消すだけで、1年で839円の節約になります。
※消費電力100W、電気代1W0.023円で計算



2.音量を上げすぎない
テレビの音量は、大きくなると消費電力も多くなります。
必要以上に音量を上げるのはやめましょう。



3.明度を上げすぎない
明るさを上げすぎると消費電力も多くなります。
できる限り明度を下げると、節約になります。



4.ブラウン管の掃除をする
テレビのブラウン管は静電気を帯びているので、
すぐにほこりが溜まってしまいます。
ほこりが溜まっていると明度が低下するので、こまめに掃除をしましょう。



5.部屋のサイズに合ったものを選ぶ
テレビはサイズの大きいものほど、消費電力は多くなります。
20インチのテレビの消費電力は、32インチの約3分の2です。
同じサイズで比較すると、プラズマよりも液晶の方が消費電力は少ないです

冷蔵庫の節約術7ヶ条

キッチンで最も電力を消費するのが冷蔵庫です。
上手に節約すればかなりの効果が期待できます。



1.なるべく壁から離す
冷蔵庫は中を冷やすために、常に表面から放熱しているので、
壁にくっついていると効率が悪くなり、電気代がかかってしまいます。

背面は10cm以上、横は2cm以上、上は5cm以上
壁から離すだけで、消費電力は約15%減ります。



2.開閉時間を少なくする
冷蔵庫は開けっ放しにしていると、中の冷気が逃げ出してしまい、
もう一度冷やすのに、電気代を消費してしまいます。
開閉時間を少なくして、中の物はなるべく早く取り出しましょう。



3.冷蔵庫の内側にビニールシートを貼る
冷蔵庫の内側にビニールシートを貼れば、
冷気が逃げるのを防ぐことができます。



4.設定温度を見直す
冷蔵庫の設定温度は、冬の間は「弱」でも充分に冷えています。
「強」から「弱」にするだけで、約20%も消費電力が減ります。



5.熱い物は冷ましてから入れる
作りたてのお茶など、熱いものを冷蔵庫に入れると、
冷蔵庫の中の温度が上がってしまいます。
常温になるまで冷ましてから冷蔵庫に入れましょう。



6.あまり物を詰め込みすぎない
冷蔵庫は物を詰め込みすぎると、冷蔵効果が下がります。
あまり詰め込み過ぎないようにしましょう。
逆に冷凍庫は、物を詰め込んだ方が冷凍効果が上がります。



7.最新の冷蔵庫に買い換える
最新の冷蔵庫は省エネ技術が進んでいるので、
10年前のものと比べると、消費電力は約半分になっています。

エアコンの節約術10ヶ条

東日本大震災の影響による原発停止で電力不足に陥り
いつになく節電の必要性が高まっています。
とは言え、ただやみくもに節電しても効率が悪いだけです。


省エネルギーセンターの調査によると、
家庭での電力使用量が多い家電製品は

1位 エアコン 25%
2位 冷蔵庫  16%
2位 照明器具 16%
4位 テレビ  10%


エアコン・冷蔵庫・照明器具・テレビの4つだけで、
家庭の電気代の約70%を占めています。
この4つを重点的に節電すれば、電気代の節約効果も高くなります。


中でもエアコンは家庭での電気代の25%を占めているので、
最も節約の効果が期待できます。



1.フィルターをこまめに掃除する
フィルターが汚れていれば、冷暖房効果が低下して、
消費電力は約5%ほど増えてしまいます。
2週間に1回ぐらいは掃除をしましょう。

エアコン内部のギザギザの部分(熱交換機)も汚れていれば、
冷暖房効果が低下します。1年に1回ぐらいは、
市販のエアコン洗浄スプレーで掃除をしましょう



2.設定温度は、夏は28度、冬は20度

エアコンの設定温度は1度変えるだけで、
10%ぐらいの省エネになります。
夏は28度、冬は20度ぐらいが目安です。



3.風量は自動設定にする

風量は自動に設定すれば、設定温度に合わせて調節してくれるので、
余分な電力消費を防げます。



4.風向調整を考える
冷たい空気は下に溜まり、暖かい空気は上に溜まるので、
風向ルーバーは、冷房時は水平か上向き、
暖房時は下向きにすれば効果的です。



5.扇風機と併用する
同じ温度でも、風が直接当たる場合と当たらない場合では、
風が当たった方が体感温度が低く感じます。
設定温度を上げて、扇風機の風に当たり体感温度を下げましょう。



6.カーテンを閉める
カーテンを閉めて外からの冷気や熱気を遮断すれば、
冷暖房の効果が上がります



7.室外機もきれいにする
室外機の側面や裏面のギザギザの部分(熱交換器)が汚れていると、
冷暖房効果が低下します。掃除機で汚れを吸い取りましょう。

熱交換の妨げとならないように、
室外機の回りには物を置かないようにしよう。



8.使わない時期はプラグを抜く
春・秋はエアコンを使用しないので、
プラグを抜いて待機電力をカットしましょう。



9.最新のエアコンに買い換える
最新のエアコンは10年前のものと比べると、消費電力は約半分です。
思い切って買い換えた方が、長い目で見れば節約になります。



10.エアコンのサイズは適正なものを選ぶ
安いからといって部屋のサイズに合ってないものを選ぶと、
逆に損してしまうことになります。
部屋の大きさや使用目的に応じて買い換えるようにしましょう。
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。