月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  金持ちになりたいなら宝くじを買うな

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金持ちになりたいなら宝くじを買うな

富裕層は中産階級に比べると、
宝くじを買う人が少ないというデータがあります。

お金に余裕があるというのも理由の一つですが、
宝くじほど割に合わないギャンブルはないことを知っているからです。

巷には様々なギャンブルがありますが、
日本の宝くじは控除率が高いのがその理由です。

控除率とは、ギャンブルを運営する者(胴元)が、
掛け金の中から自ら取得する割合で、いわゆるテラ銭(胴元の取り分)です。

日本の競馬は控除率が25%です。
馬券の売り上げが1億円だとすると、2500万円がJRAの取り分で、
残りの7500万円を馬券を買った人たちで取り合っています。

カジノのルーレットは控除率が5%です。
プレイヤーの掛け金が1億円だとすると、500万円がカジノの取り分で、
残りの9500万円をプレイヤーで取り合っています。

つまり控除率が低いほど、割に合ったギャンブルで勝つ可能性が高いということです。

では宝くじの控除率はどれくらいなのか、主なギャンブルと比べてみましょう。


【主なギャンブルの控除率】
宝くじ 55%
サッカーくじ 50%
競馬・競輪・競艇 25%
パチンコ 13~40%
スロットマシン 5%
バカラ 1~4%
クラップス 1%
ブラックジャック -1~1%


宝くじの控除率は何と55%! 

買った時点で半分負けているようなものです。

カジノの控除率はわずかに数%
何かとマイナスイメージの強いカジノですが、
ギャンブルとしては宝くじよりもはるかに良心的です。

宝くじはお金持ちになる方法として、最も効率の悪い方法なのです。
最も割に合わないものに投資するのは愚の骨頂です。

「金持ちだから宝くじを買わない」というより
「宝くじを買わないから金持ちになれた」と
言ったほうが正しいかもしれません。

宝くじに限らずほとんどのギャンブルは運任せで、
自分の努力でどうにかなるものではありません。

「宝くじは夢を買うもの」という言葉の通り、私も遊びで1、2枚買って、
当たったら何に使おうかと夢を見ることはありますが、
決して大金をつぎ込むようなことはしません。

ギャンブルをする金があるなら、
投資をした方が遥かに金持ちになれる可能性が高いと断言できます。
関連記事
[ 2011/11/27 07:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。