月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  スポンサー広告 >  通信費の節約 >  郵便代の節約術4ヶ条

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

郵便代の節約術4ヶ条

携帯電話やインターネットの普及で、郵便を利用する機会は減りましたが、
手紙や荷物を送るときは、郵便や宅配便の利用は欠かせません。


郵便局には、あまり知られていないが色々と便利なサービスがあるので、
郵便をよく利用する人は、これらのサービスを積極的に活用しましょう。



1.ミニレターを利用する
ミニレターとは、便箋と封筒が一体になった手紙のことで、
郵便局で購入することができます。

代金は25gまでなら60円で、
通常の郵便より20円安いです。

書くスペースは葉書の3倍あり、
写真やチケットなど薄い物なら同封できます。

通常の郵便で送れるものなら、
ミニレターで送った方がお得です。

ただし25g以上だと、定形外郵便物の料金が適用されて、
通常の郵便より高くなってしまうので注意して下さい。



2.エコーはがきを利用する
エコーはがきとは、はがきのスペースの一部に
スポンサーの提供する広告が付いているはがきです。

値段は1枚45円で、通常のはがきよりも5円安くなっています。
雑誌の懸賞など、大量に送るときに利用すれば節約できます。

ただ、発売される地域や数量が限定されているため、
発売日当日に品切れになることもあるようです。
通常のはがきの様に、いつでも自由に買うことができないのが欠点です。



3.エクスパック500を利用する
エクスパック500とは、
荷物を全国一律500円で送ることができるサービスです。

郵便局で専用の封筒を500円で買って、
荷物を中に入れるだけです。
A4サイズの紙なら250枚程度は入ります。

発送は郵便局の窓口へ持ち込むか、
ポストで投函することもできます。



4.書き存じたはがきを交換する
書き損じたはがきを郵便局へ持っていけば、
1枚5円の手数料で新しいはがきや切手に交換してくれます。

年賀状も交換できますが、
昨年の年賀状を今年の年賀状に交換することはできません。
関連記事
[ 2013/11/12 17:00 ] 通信費の節約 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。