月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  スポンサー広告 >  電気代の節約術 >  電気代の基本料金を安くする方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

電気代の基本料金を安くする方法

電気代の基本料金はどの家庭も同じだと思っていませんか?


電気代の基本料金は、
契約しているアンペア数 (10A~60A)によって異なります。


東京電力のアンペア数と基本料金
10A  273円
15A  409円
20A  546円
30A  819円
40A 1092円
50A 1365円
60A 1638円
※2011年11月時点


契約アンペアとは、同時にどれくらいの電力を
消費できるかを表したものです。


アンペア数が大きいほど、同時に使用できる
最大電力量が多くなるかわりに基本料金も高くなります。


一人暮らしの人や、あまり電気を同時に使わない家庭ならば、
不必要に多い契約アンペアを変更すれば、基本料金が安くなります。
10アンペア下げれば、年間3276円の節約になります。


契約アンペアの変更は、電力会社に電話するだけで簡単に変更できます
(簡単な工事が必要な場合もあります)


家電別の消費電力の目安
エアコン 約15A
電子レンジ 約10A
掃除機 約10A
ドライヤー 約10A
炊飯器 約8A
アイロン 約8A
こたつ 約5A
洗濯機 約4A
冷蔵庫 約1.5A
テレビ 約1A


冷蔵庫は常時動いているので、冷蔵庫以外に同時に使用する
家電のアンペアを足すと適切なアンペア数が計算できます。


一番電力消費が大きいのがエアコンなので、
一人暮らしならば20Aあれば十分でしょう。


4人家族でもエアコンが1台しかないのなら
30Aでも十分だと思います。


適切なアンペア数が分からない人のために、
東京電力ではコンサルタントを無料で行っています。
関連記事
[ 2013/12/12 17:00 ] 電気代の節約術 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。