月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  スポンサー広告 >  携帯乗り換え >  解約違約金が発生するケースと発生しないケース

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

解約違約金が発生するケースと発生しないケース

この違約金ですが、発生するケースと発生しないケースがあります。
少しややこしいので、気合を入れて読んで下さいね。


どこの携帯電話会社にも
年間契約のサービスというものがあります。


例えば、NTTドコモには
「ファミ割MAX50」というサービスがあります。


このサービスを契約すると
・基本使用料が50%OFF
・家族内通話が24時間無料
になるなど、様々な割引を受けることができます。


その代わり2年間は継続して契約しなければなりません。


もし契約期間中に解約した場合どうなるのかというと
解約違約金9,975円がかかります。
1年11ヶ月目に解約しても違約金は発生します。


「じゃあ、2年が過ぎたら解約して乗り換えれば違約金は発生しないの?」


いいえ。
それが必ずしもそうではないんです。



ここが少しややこしいところで
この2年契約というのは「2年間が1つのサイクル」なっていて


2年契約が終わってから1ヶ月が経過すると
再び2年契約が発生してしまうんです。


例えば、2010年1月に「ファミ割MAX50」を契約すれば
2年後の2011年12月に契約は終了しますが
契約が終了した次の月、2012年1月中に解約を申し出ないと
契約が自動更新されてしまうんです。


もしこの1ヶ月の更新月を逃してしまえば
また2年待たなければなりません。


つまり
違約金が発生しない月は2年のうちたったの1ヶ月のみです。


これが俗に「2年縛り」と言われるものです。


ソフトバンクやAUにも同じようなサービスがありますが
どれも2年縛りとなっています。


もしあなたが何らかの割引プランに入っていて
携帯乗り換えを希望するならば
更新月に乗り換えれば違約金9,975円を
支払わなくてもいいわけです。


いつ解約すれば違約金が発生しないかは
カスタマーセンターに尋ねれば教えてくれます。


違約金が発生するケース
・割引プランを契約していて、更新月以外に解約した場合

違約金が発生しないケース
・割引プランを契約していない場合
・割引プランを契約していて、更新月に解約した場合
関連記事
[ 2013/10/22 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。