月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  スポンサー広告 >  携帯乗り換え >  「実質0円」と「一括0円」の違いを徹底解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「実質0円」と「一括0円」の違いを徹底解説

よく携帯ショップなどで目にする

「本体価格実質0円」
「本体価格一括0円」

この違いがよく分からない人は多いはず。


私も最初は違いがよく分かりませんでした。
本当にややこしいですよね。


同じ「0円」でも意味は全く違うんです。


私がソフトバンクで乗り換えたガラケー103Pを例に解説します。


ソフトバンクでは本体(携帯やスマホのこと)を購入すると
必ず「月月割り」という割引が24回(24ヶ月)ついてきます。


103Pの場合は980円の割引が24回ついてきます。


103Pは本体価格が980円の24回払いで23,520円です。


つまり、
本体価格980円=月月割り-980円で「実質毎月0円」となります。


しかし、この月月割りは
「ネット通信料」「通話料」「オプション料」からしか割引できません。
「基本料金」「本体価格」からは割引することはできません。


私が乗り換えた103Pの料金プランをご覧下さい

・本体価格 980円
・基本料金(ホワイトプラン) 980円
・インターネット接続基本料(S!ベーシックパック) 315円
・パケット定額サービス(パケットし放題S) 390円
・月月割 -980円

※オプション料はなし


月月割の対象となるのは
「インターネット接続基本料」315円
「パケット定額サービス」390円

だけです。

つまり、全く通話もメールもネットもしなかった場合
月月割の対象となるのが705円分しかないので
980円の割引を全て受け取ることができません。


よって毎月の料金は
「本体価格」と「基本料金」の合計1960円~となります。


もし途中で解約した場合は月月割がなくなってしまうため
残りの本体価格は支払う必要が出てきます。


例えば980円×12回がまだ残っている状態で解約すると
月月割が消えてしまうため、本体価格980円×12回=11,760円を
支払う必要があるわけです。


つまり「実質0円」というのは
「2年間契約を継続すれば本体価格は実質0円になりますよ」
という意味です。


一方「一括0円」とは
本体価格が0円という意味です。


103Pの場合、分割だと980円×24回=23,520円の支払いが必要ですが、
一括だと全くの0円、つまりタダで本体が手に入ります。


さらに月月割980円×24回もついていくるので
ダブルでお得です。


ただ「一括0円」で購入した場合、
キャッシュバックがもらえるショップはそんなに多くありません。


あったとしてもせいぜい5,000円程度でしょう。


携帯乗り換えで7万円のキャッシュバックを手に入れ、なおかつ最新のスマホを手に入れる方法へ戻る
関連記事
[ 2013/10/25 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。