月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  スポンサー広告 >  保険・医療費の節約術 >  病院代の節約方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院代の節約方法

・ジェネリック医薬品を選ぶ
ジェネリック医薬品とは、
新薬の特許が切れた後に発売される医薬品のことで、
後発医薬品とも呼ばれています。


新薬の開発には莫大なコストと時間がかかるため、
新薬を開発したメーカーは 特許期間中は独占的に
製造・販売をすることができます。


特許が切れた後は、他のメーカーも自由に
製造・販売できるようになるので、
開発期間やコストが抑えられ、新薬と同じ成分でも
2割から7割くらいの安い価格になります。


ジェネリック医薬品を選べば薬代を大きく節約できます。


諸外国に比べて日本ではあまり普及が進んでいませんが、
国立の病院や診療所では医療費を抑制するために
積極的にジェネリック医薬品の採用がすすめられているようです。


2008年4月の医療制度改革により、
処方箋に「ジェネリック医薬品への変更不可」と書かれていない限り、
薬局で自由にジェネリック医薬品を処方できるようになりました。


ただし、新薬と成分は全く同じでも、実際に使用した患者や医師からは
効果に違いあるとの意見も出ているようです。


ジェネリック医薬品を使用する際は、
必ず医師に相談して納得した上で処方してもらって下さい。




大病院へは紹介状を持っていく
ベッド数200床以上の大病院では、紹介状を持参せず治療を受けると、
通常の初診料とは別に、追加料金が請求される場合があります。


金額は病院によって異なり、500円から数千円加算されます。


大病院は高度な治療を必要とする患者のための病院なので、
軽い症状の患者が集中するのを避けるためというのが理由だそうです。


大病院で治療を受ける場合は、
かかりつけの開業医に紹介状を書いてもらうといいでしょう。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。