月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  携帯乗り換え

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「実質0円」と「一括0円」の違いを徹底解説

よく携帯ショップなどで目にする

「本体価格実質0円」
「本体価格一括0円」

この違いがよく分からない人は多いはず。


私も最初は違いがよく分かりませんでした。
本当にややこしいですよね。


同じ「0円」でも意味は全く違うんです。


私がソフトバンクで乗り換えたガラケー103Pを例に解説します。


ソフトバンクでは本体(携帯やスマホのこと)を購入すると
必ず「月月割り」という割引が24回(24ヶ月)ついてきます。


103Pの場合は980円の割引が24回ついてきます。


103Pは本体価格が980円の24回払いで23,520円です。


つまり、
本体価格980円=月月割り-980円で「実質毎月0円」となります。


しかし、この月月割りは
「ネット通信料」「通話料」「オプション料」からしか割引できません。
「基本料金」「本体価格」からは割引することはできません。


私が乗り換えた103Pの料金プランをご覧下さい

・本体価格 980円
・基本料金(ホワイトプラン) 980円
・インターネット接続基本料(S!ベーシックパック) 315円
・パケット定額サービス(パケットし放題S) 390円
・月月割 -980円

※オプション料はなし


月月割の対象となるのは
「インターネット接続基本料」315円
「パケット定額サービス」390円

だけです。

つまり、全く通話もメールもネットもしなかった場合
月月割の対象となるのが705円分しかないので
980円の割引を全て受け取ることができません。


よって毎月の料金は
「本体価格」と「基本料金」の合計1960円~となります。


もし途中で解約した場合は月月割がなくなってしまうため
残りの本体価格は支払う必要が出てきます。


例えば980円×12回がまだ残っている状態で解約すると
月月割が消えてしまうため、本体価格980円×12回=11,760円を
支払う必要があるわけです。


つまり「実質0円」というのは
「2年間契約を継続すれば本体価格は実質0円になりますよ」
という意味です。


一方「一括0円」とは
本体価格が0円という意味です。


103Pの場合、分割だと980円×24回=23,520円の支払いが必要ですが、
一括だと全くの0円、つまりタダで本体が手に入ります。


さらに月月割980円×24回もついていくるので
ダブルでお得です。


ただ「一括0円」で購入した場合、
キャッシュバックがもらえるショップはそんなに多くありません。


あったとしてもせいぜい5,000円程度でしょう。


携帯乗り換えで7万円のキャッシュバックを手に入れ、なおかつ最新のスマホを手に入れる方法へ戻る
スポンサーサイト
[ 2013/10/25 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(0)

おとくケータイ.net実体験レポート

では、私が乗り換えに利用した
おとくケータイ.netというショップを実体験に基づいて紹介します。


私が利用した時とは条件は変わっている可能性があるので必ず確認して下さい




キャッシュバックの条件
開通日から1ヶ月間は

Wホワイト 980円(2ヶ月目より適用)   
安心保証パック 498円(初月は無料)
基本パック 498円(初月は無料)


の3つのオプションに加入するだけ。

最初の1ヶ月は無料お試し期間なので
1ヶ月以降に解約してしまえば料金は一切発生しません。

他のショップだと何十個もオプションに加入しないと
キャッシュバックがもらえなかったりするので
とてもシンプルで良かったです。



キャッシュバック額
家族3人で乗り換えました。
私はiPhone4。両親はソフトバンク3G携帯103Pに乗り換えました。

私 25,000円(振込)+5,000円(来社特典)
父 15,000円(振込)+5,000円(来社特典)+5,000円(紹介料)
母 15,000円(振込)+5,000円(来社特典)+5,000円(紹介料)


家族3人で合計8万円のキャッシュバックをGET。

なお、キャッシュバックは契約した月の翌々月の末日に振り込まれました。
(8月に契約したので10月31日に振り込まれました)

キャッシュバックまでの期間が早いのも良かったです。
(他のショップだと、半年先なんてところもざらにあるので)

大阪(梅田)にある店舗に行って手続きをしたので
来社特典として5,000円増額してもらいました。
(ネット上でも手続きできます。来社特典はもらえませんが)



乗り換え費用
・転出費用 2,100円
・事務手数料 3,150円

※更新月に乗り換えたので解約違約金はなし

乗り換えにかかった費用は家族3人で15,750円
キャッシュバック額が80,000円なので
64,250円の黒字です。
※たとえ解約違約金が発生したとしても3万円以上の黒字です。


初めての乗り換えでしたが、大成功でした。

毎月の基本料金も今までとほとんど変わらず
キャッシュバックももらえて、なおかつ新しい機種も
手に入れることができていい事尽くめでした。



店員の態度と評判
今回乗り換えは初めてで分からないことだらけだったのですが
メールで何度もやり取りして教えて頂きました。

実際に店舗に行ったときも
スーツ姿の店員に紳士に対応して頂きました。

また、私の実体験だけでなく、
ネット上の評判も非常にいいです。

◆Yahoo! 知恵袋での評判
→おとくケータイ.netについて



結論
最初は正直聞いたこともない怪しい会社だと思いましたが、
今では乗り換えて本当に良かったと思っています。

こんな制度があったことをもっと早く
知っておけばよかったとちょっと後悔。



私が利用した時とは条件は変わっている可能性があるので必ず確認して下さい
[ 2013/10/24 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(2)

携帯乗り換えの手順

それでは、今使っている携帯電話を
他社に乗り換えるまでの手続きについて解説します。


他社に携帯電話を乗り換えるには、所定の手続きが必要です。
手順を間違えると二度手間になるのでよく読んで下さいね。


あなたが今使っている携帯電話会社をA社
乗り換えたい携帯電話会社をB社とします。



乗り換え手順
①A社でMNPの申し込みを行い、MNP予約番号を発行してもらう

②15日以内に予約番号を持って、B社で新たに契約をする

※注意点
・MNP予約番号を発行しただけでは解約となりません。B社で契約した時点でA社を解約したことになります。
・15日を過ぎると無効となり、再度MNPの手続きが必要です。
・15日を過ぎた場合や、乗り換えの手続きをしなかった場合、転出手数料は発生しません。



MNPの申し込み方法
パソコン
電話
携帯電話
最寄のショップ

のいずれかで手続きができます。

所要時間は5分から10分程度。
営業をかけられる場合もあります。

客をとられまいと必死ですから、仕方ないですね。



乗り換え費用
・MNP転出手数料 2,100円(A社に支払う)
・事務手数料 3,150円(B社に支払う)
・解約違約金(更新月以外の場合) 9,975円 (A社に支払う)


更新月以外で乗り換えると、諸費用だけで合計15,225円かかります。
乗り換える際は慎重に検討して下さい。
[ 2013/10/23 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(0)

解約違約金が発生するケースと発生しないケース

この違約金ですが、発生するケースと発生しないケースがあります。
少しややこしいので、気合を入れて読んで下さいね。


どこの携帯電話会社にも
年間契約のサービスというものがあります。


例えば、NTTドコモには
「ファミ割MAX50」というサービスがあります。


このサービスを契約すると
・基本使用料が50%OFF
・家族内通話が24時間無料
になるなど、様々な割引を受けることができます。


その代わり2年間は継続して契約しなければなりません。


もし契約期間中に解約した場合どうなるのかというと
解約違約金9,975円がかかります。
1年11ヶ月目に解約しても違約金は発生します。


「じゃあ、2年が過ぎたら解約して乗り換えれば違約金は発生しないの?」


いいえ。
それが必ずしもそうではないんです。



ここが少しややこしいところで
この2年契約というのは「2年間が1つのサイクル」なっていて


2年契約が終わってから1ヶ月が経過すると
再び2年契約が発生してしまうんです。


例えば、2010年1月に「ファミ割MAX50」を契約すれば
2年後の2011年12月に契約は終了しますが
契約が終了した次の月、2012年1月中に解約を申し出ないと
契約が自動更新されてしまうんです。


もしこの1ヶ月の更新月を逃してしまえば
また2年待たなければなりません。


つまり
違約金が発生しない月は2年のうちたったの1ヶ月のみです。


これが俗に「2年縛り」と言われるものです。


ソフトバンクやAUにも同じようなサービスがありますが
どれも2年縛りとなっています。


もしあなたが何らかの割引プランに入っていて
携帯乗り換えを希望するならば
更新月に乗り換えれば違約金9,975円を
支払わなくてもいいわけです。


いつ解約すれば違約金が発生しないかは
カスタマーセンターに尋ねれば教えてくれます。


違約金が発生するケース
・割引プランを契約していて、更新月以外に解約した場合

違約金が発生しないケース
・割引プランを契約していない場合
・割引プランを契約していて、更新月に解約した場合
[ 2013/10/22 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(0)

携帯乗り換え時に発生する費用

「携帯乗り換えでキャッシュバックがもらえる仕組みは分かった。
じゃあ、次から次へと乗り換えたら、キャッシュバックももらえて
なおかつ最新の機種も手に入るわけ?」


確かにその通りなんですが、一つ注意する点があります。
携帯乗り換え時には費用が発生する点です。


携帯乗り換え時に発生する費用
・転出費用 2,100円
・事務手数料 3,150円
・解約違約金 9,975円



転出費用とは、新しい携帯電話会社に乗り換えた時に
今まで契約していた携帯電話会社に支払う費用です。


事務手数料とは、新しく契約した携帯電話会社に支払う手数料です。


この転出費用と事務手数料の合計5,250円は
必ず支払わなければなりません。



3つ目の解約違約金ですが、
これは、発生するケースと発生しないケースがあります。


少し長くなるので解説は次回に。
[ 2013/10/21 17:00 ] 携帯乗り換え | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。