月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  照明器具の節約術3ヶ条

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

照明器具の節約術3ヶ条

エアコン、冷蔵庫に次いで電力消費が大きいのが照明器具です。
数が多いだけにちりも積もれば山となります。


1.LED電球を使う
ここ数年でLEDは一般家庭へも普及が進んでいます。
蛍光灯や白熱球に比べて価格は高いものの、寿命が圧倒的に長いのが利点です。


LED・蛍光灯・白熱球の電気代の比較シミュレーションです。

LED(60W相当) 消費電力 7W 値段2500円 寿命40000時間
蛍光灯(60W相当) 消費電力12W 値段 700円 寿命 6000時間
白熱球      消費電力54W 値段 130円 寿命 1000時間


1W当たり0.023円、1日12時間、10年間使用した場合の条件で電気代を比較します。

LED 12時間×365日×10年×7W×0.023円+(2500円×1個)=9551円
蛍光灯 12時間×365日×10年×12W×0.023円+(700円×7個)=16988円 
白熱球 12時間×365日×10年×54W×0.023円+(130円×43個)=59989円



LEDは白熱球と比べると、10年間で約5万円、
1年で約5000円も節約できます。


これは1個当たりの計算なので、
家全体の電球を白熱球からLEDに変えれば、
電気代はより節約できることになります。


ただLEDは価格が高いので、
全ての電球をLEDに変えれば初期費用がバカになりません。


リビングなど長時間使用する部屋はLED
その他の部屋は蛍光灯
というように使い分けるといいでしょう。



2.ワット数を下げる
ワット数は高ければ高いほど明るくなるが、
その分消費電力が多くなります。

100Wから60Wに変更して、1000時間の寿命を使い切った場合、
電気代は1個当たり920円安くなります。

トイレやお風呂など、あまり明るさを必要としない部屋は、
ワット数の低いものを使用しましょう。



3.こまめに掃除する
照明器具にほこりがついていると、明るさが低下します。
掃除をするだけで約20%明るくなります。
スポンサーサイト
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。