月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます(続き)
カテゴリー  [ 医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます(続き) ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます(続き)

家族全員の医療費を合計しても10万円以下だから
医療費控除が受けられないとあきらめてはいけません。


家族の中で所得の少ない人がいれば、年間の医療費が10万円以下でも
その人が医療費控除を受けることで、税金が減る場合があります。


医療費控除は、支払った医療費から「10万円」か「合計所得の5%」
のいずれか少ない方を引いた額になります。


医療費控除額の計算方法
かかった医療費-「10万円」or「合計所得の5%」の少ない方
=医療費控除額(最高200万円まで)


例えば、
親の給与収入が500万円
子の給与収入が200万円
だとします。


(親) 給与収入500万円-給与所得控除154万円=合計所得346万円
    合計所得346万円×5%=173000円

    10万円より多いので、医療費から差し引く金額は10万円

(子) 給与収入200万円-給与所得控除78万円=合計所得122万円
    合計所得122万円×5%=61000円

    10万円より少ないので、医療費から差し引く金額は61000円


親で確定申告する場合は、
医療費が100000円を超えなければ、医療費控除を受けられないが、

子で確定申告する場合は、
医療費が61000円を超えれば、医療費控除を受けることができます。


家族全員でかかった医療費が9万円なら、子が医療費控除を受けることで、
医療費控除額は29000円となり、税率が15%(所得税+住民税)の場合で
約4350円の税金を減らすことができるのです。
スポンサーサイト
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。