月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます
カテゴリー  [ 医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます

節税は金持ちや自営業者がするもので、
サラリーマンには関係ないと思っていませんか?


サラリーマンでも確定申告をすれば、
払いすぎた税金を取り戻すことができるケースがあります。



1年間(1/1~12/31)で、10万円以上(または所得の5%以上)の
医療費がかかった場合、確定申告をすれば税金を減らすことができます。



医療費として認められるもの
・病気や怪我の手術代・入院費・治療費・薬代
・市販の薬代
・通院のための交通費
など

医療費として認められないもの
・美容整形の治療費
・健康診断の費用
・健康増進のため医薬品
など


意外と知られていませんが、
市販の薬代や通院のための交通費も医療費として認められます。


医療費控除を受けるためには、
レシート(もしくは領収書)が必要なので残しておきましょう。


電車やバスは領収書がもらえないので、
病院に行った事実と金額を記録して、
確定申告時に税務署に提出すれば認められます。



1.どれくらい税金を減らせるの?

医療費控除計算方法
かかった医療費-10万円=医療費控除額


年間30万円の医療費がかかった場合
30万円から10万円を引いた額20万円が医療費控除額となります。


税率が15%(所得税+住民税)の人だと、
20万円×15%で約3万円の節税となります。

収入が多い人ほど税率が高くなるので、
さらに節税の効果が高くなります。



2.家族の医療費はまとめた方がお得
医療費控除は家族全員の医療費を合計することができます。
あなたが8万円、配偶者が6万円、子供が5万円なら、
合計19万円で10万円を超えるので、医療費控除を受けることができます。



3.初めての人は税務署へ行ってみよう
医療費控除を受けるためには、
自分で税務署に申告する必要があります。


会社からもらう源泉徴収票、
医療費のレシートや領収書を持って税務署に行きましょう
(毎年2月中旬~3月中旬が確定申告の期間)


郵送でもいいのですが、確定申告をしたことがない人は、
一度税務署に行くことをおすすめします。
懇切丁寧に教えてくれて、税金の知識も身につくので一石二鳥です。
スポンサーサイト
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。