月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  交通費の節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スカイメイトで航空運賃が50%割引

スカイメイトとは、若者を対象にした航空運賃の割引サービスです。
対象は12歳以上21歳以下。


事前の予約はできませんが、当日空港で残席がある場合に限り、
国内の航空運賃が50%前後安くなります。


詳しくは各航空会社にお尋ね下さい。

スポンサーサイト
[ 2013/12/22 17:00 ] 交通費の節約術 | TB(0) | CM(0)

往復割引を利用する

往復割引とは、
営業キロが601km以上の区間の往復乗車券を買うと、
行きと帰りの運賃が10%割引になります。



例えば、東京-岡山間は733kmあるので、往復割引の対象となります。
新幹線を利用した場合の、通常の運賃と往復割引を利用した運賃を比較すると

通常の運賃
(乗車券10,190円+特急指定券6,670円)×2=33,720円

往復割引を利用した運賃
(乗車券10,190円×90%+特急指定券6,670円)×2=31,680円
※10円未満は切り捨て


往復割引を利用した方が、2,040円お得になります。

帰りの予定が決まっているのなら、
行きと帰りの乗車券を別々に買うより、
往復乗車券を買った方がお得です。


ちなみに、東京-新大阪間は552.6kmなので、
残念ながら往復割引の対象になりません。


新大阪ー博多間は644kmなので、
往復割引の対象となります。
[ 2013/11/19 17:00 ] 交通費の節約術 | TB(0) | CM(0)

株主優待券で交通費を50%節約

鉄道会社や航空会社の株を買うと、
運賃が大幅に割引になる株主優待券をもらうことができます。


【鉄道会社・航空会社の株主優待券の一例】
・JR東日本 運賃が20%割引(1度に2枚まで利用可)
・JR西日本 運賃が50%割引
・JR東海  運賃が20%割引(1度に2枚まで利用可)
・全日空   国内線片道普通運賃が50%割引
 

株主優待券を手に入れるには、
それぞれの企業によって決められた権利確定日に
その企業の株を持っている必要があります。


ただ、株価の影響を受けるので、
株の初心者にはあまりおすすめできません。


そこで、株主優待券だけを買うのが確実な方法です。
株主優待券は、金券ショップやネットオークションで買うことができます。


全日空の株主優待券を買うと、片道運賃が50%割引になるので、
東京-大阪の片道運賃が20000円
株主優待券の値段が5000円
だとすると5000円の節約になります。


株主優待券には有効期限があるので、
有効期限が近づくほど安く売られています。
[ 2013/11/18 17:00 ] 交通費の節約術 | TB(0) | CM(0)

101km以上の移動は学割が使えます

学生割引(学割)は、指定された学校
(中学校、高校、大学、大学院・一部の専門学校など)
の生徒だけに適用されます。
※小学生は子供料金なので適用されません。


JRと東武鉄道・名古屋鉄道・近畿日本鉄道の大手私鉄3社では、
営業キロが101km以上の場合、
学生は乗車券の運賃が通常の2割引になります。


JR東京駅からだと、西は甲府・熱海、北は宇都宮・高崎
JR大阪駅からだと、西は相生、東は米原、北は福知山
辺りから100kmを超えます。


東京-新大阪間だと、8,510円の乗車券の運賃が
20%引きで6,800円。1710円の節約になります。


学割を利用するには、学生証だけを提示すればいいところと、
別途学割証(学校で申請する)が必要なところがあるので、
鉄道会社に問い合わせてみて下さい。


学割は往復割引とも併用可能です。
東京-岡山間の新幹線の往復運賃を比べると

通常の運賃
(乗車券10190円+特急指定券6670円)×2=33720円

往復割引と学割を利用した運賃
(乗車券10190円×90%×80%+特急指定券6670円)×2=28000円
※10円未満は切り捨て


学割と往復割引を併用すると、
通常の運賃より5720円も安くなります。


フェリーや長距離バスでも学割があるので、
学生の人は、学割が適用されるかどうか窓口で確認しましょう。
[ 2013/11/17 17:00 ] 交通費の節約術 | TB(0) | CM(0)

タクシーの相乗り相手が見つかる「みんなでタクシー」

タクシーは高いので利用しないという人は多いかと思いますが、
使いようによっては節約になる場合があります。



1.4人で近場ならタクシーを利用する
タクシーは、大人なら4人まで乗ることができます。

東京・大阪・名古屋で、タクシーの初乗り運賃を4人で割り勘した場合と、
地下鉄の初乗り運賃を比較すると、

三大都市圏のタクシーの初乗り運賃を4人で割り勘
東京 177.5円(初乗り運賃710円)
大阪 165円(初乗り運賃660円)
名古屋 125円(初乗り運賃500円)

三大都市圏の地下鉄の初乗り運賃
東京メトロ 160円
都営地下鉄 170円
大阪市営地下鉄 200円
名古屋市営地下鉄 200円

東京メトロ、都営地下鉄はタクシーとほとんど変わらず、
大阪市営地下鉄、名古屋市営地下鉄は、タクシーよりも高くなっています。

したがって、地下鉄で1~2駅ぐらいの距離ならば、
4人でタクシーを利用した方が料金も安くなり、時間の節約にもなります。




2.相乗りでタクシー代を節約
タクシーは便利だが一人乗りはお金がかかるし、
相乗り相手が多ければ折半できるが、
見知らぬ人に声をかけるのもなかなか出来ません。

「みんなでタクシー」という携帯サイトでは、会員登録をすれば、
同じ方向に帰る人を検索して、相乗りを相手を探すことができます。

相乗り相手が見つかれば、サイト上で待ち合わせ場所を決めます。
顔写真機能で相手の顔を確認することもできます。

女性でも安心して利用できるように、
性別で相乗り相手を絞り込むこともできます。
[ 2013/11/16 17:00 ] 交通費の節約術 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。