月収20万円で1000万円を貯める方法

1年で100万円。10年で1000万円!普通に生活してもできる独自の節約裏技術やお小遣い稼ぎの方法を公開中
月収20万円で1000万円を貯める方法 TOP  >  保険・医療費の節約術

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院代の節約方法

・ジェネリック医薬品を選ぶ
ジェネリック医薬品とは、
新薬の特許が切れた後に発売される医薬品のことで、
後発医薬品とも呼ばれています。


新薬の開発には莫大なコストと時間がかかるため、
新薬を開発したメーカーは 特許期間中は独占的に
製造・販売をすることができます。


特許が切れた後は、他のメーカーも自由に
製造・販売できるようになるので、
開発期間やコストが抑えられ、新薬と同じ成分でも
2割から7割くらいの安い価格になります。


ジェネリック医薬品を選べば薬代を大きく節約できます。


諸外国に比べて日本ではあまり普及が進んでいませんが、
国立の病院や診療所では医療費を抑制するために
積極的にジェネリック医薬品の採用がすすめられているようです。


2008年4月の医療制度改革により、
処方箋に「ジェネリック医薬品への変更不可」と書かれていない限り、
薬局で自由にジェネリック医薬品を処方できるようになりました。


ただし、新薬と成分は全く同じでも、実際に使用した患者や医師からは
効果に違いあるとの意見も出ているようです。


ジェネリック医薬品を使用する際は、
必ず医師に相談して納得した上で処方してもらって下さい。




大病院へは紹介状を持っていく
ベッド数200床以上の大病院では、紹介状を持参せず治療を受けると、
通常の初診料とは別に、追加料金が請求される場合があります。


金額は病院によって異なり、500円から数千円加算されます。


大病院は高度な治療を必要とする患者のための病院なので、
軽い症状の患者が集中するのを避けるためというのが理由だそうです。


大病院で治療を受ける場合は、
かかりつけの開業医に紹介状を書いてもらうといいでしょう。
スポンサーサイト

ペット保険に入ろう

少子化や核家族化により、
犬や猫などのペットに癒しを求める人が増えています。


日本国内の犬猫の飼育数は約2,000万頭で、
15歳以下の子供の数を上回っています。


医療技術の発展によりペットも高齢化が進んでおり、
人間と同じように癌や白内障などの病気にかかるペットが増えて
治療が長期に渡るケースが増えてきています。


しかし、ペットには人間のように公的な保険制度がないので、
ペットが病気や怪我で入院・手術をした場合、全額自己負担となり、
驚くほど医療費が高額になることもあります。


このような経済的負担に備えて作られたのがペット保険です。


ペット保険に入っていれば、治療費の一部を保障してくれます。
飼い犬の噛み付き事故など賠償保障にも対応している商品もあります。


保険スクエアbang!では、ペット保険の比較や資料請求が無料でできます。


今やペットは家族の一員です。
大切な家族の健康のためにもペット保険で備えておきましょう。


ペット保険の比較、資料請求が無料で出来る保険スクエアbang!

高額療養費制度を利用する

大きな病気や怪我などで入院すれば、
医療費の負担がかなりの高額となる場合があります。


そのため、高額療養費制度により、
医療費が一定金額を超えた場合、役所に申請することで、
越えた部分の大部分が戻ってくるのです。



具体的には、1ヶ月の自己負担額が80,100円を超えた場合、
これを越える部分に関しては、自己負担額はおよそ1%になります。


【高額療養費の自己負担額の計算方法】
(総医療費-267,000円)×1%+80,100円=自己負担額 
※70歳以上の人・上位所得者・低所得者は計算方法が異なります。


1ヶ月の医療費が100万円(自己負担額は3割の30万円)の場合、
(1,000,000円-267,000円)×1%+80,100円=87,430円


役所に申請することで、212,570円が戻ってきて、自己負担額は87,430円となります。


注意する点は、同月内同一医療機関が原則のため、
月をまたがった場合や、医療機関をまたがった場合の
医療費は合算することができないことです。


例えば、3月31日に50万円、4月1日に50万円の医療費がかかっても、
月が異なるので、合算して100万円にすることはできません。


A病院で50万円、B病院で50万円の医療費がかかった場合でも、
医療機関が異なるので、合算することはできません。


ただし、親が50万円、子が50万円といったように、
家族でかかった医療費は合算することができます。


家族の誰かが大きな病気にかかって高額な医療費がかかっても、
自己負担額は1ヶ月で10万円程度で済む実に頼もしい制度です。

保険を見直せば数百万円の節約になります

①無駄な保険料を支払ってませんか?
保険は住宅に次いで、人生で2番目に高い買い物です。


月々の支払いは数千円~数万円と少なくても、
生涯で考えると数百万円~数千万円にもなります。


「保険会社の外交員の言われるがままに保険に入った」
「一度保険に入ってそのままほったらかし」
という人は、本当に今のあなたに必要な保障でしょうか?


過度な保障や重複している保障があったりして、
無駄な保険料を支払っている可能性は充分考えられます。


月1万円安くすることができれば1年で12万円、10年で120万円です。
生涯で数百万円も節約することができるのです。


今一度、自分のライフスタイルに合った保障内容がどうかを確かめて、
多少手間はかけても保険の見直しをされることをおすすめします。



②保険の見直しをしよう
ネットでは、保険の相談や見積もりを無料で行ってくれるサイトがあります。


メールで気軽に相談したり、資産設計のプロである
ファイナンシャルプランナー(以下FP)と会って相談することもできます。


日本ではまだ馴染みの薄いFPですが、
保険先進国のアメリカでは多くの家庭にFPが付いています。


FPは中立の立場ですので、相談したからといって
しつこく勧誘してくることはありませんし、
必ずしも加入する必要もありません。

最終的に判断するのは自分自身です。


下記のサイトを利用すれば、
保険の相談や見積もり、資料請求ができます。

保険GATE

保険の相談なら
特定の金融機関に属さない全国のFPが、
公平中立な立場で無料で相談に応じてくれます。
ややこしい保険の仕組みも懇切丁寧に説明してくれます。

保険市場

資料請求なら
日本最大級の保険比較サイトです。
生命保険、医療保険、がん保険、地震保険など、
最大39社の保険料を一括見積もりできるので、
どこが一番安いかを比べることができて非常に便利です。

医療費控除で払いすぎた税金が返ってきます(続き)

家族全員の医療費を合計しても10万円以下だから
医療費控除が受けられないとあきらめてはいけません。


家族の中で所得の少ない人がいれば、年間の医療費が10万円以下でも
その人が医療費控除を受けることで、税金が減る場合があります。


医療費控除は、支払った医療費から「10万円」か「合計所得の5%」
のいずれか少ない方を引いた額になります。


医療費控除額の計算方法
かかった医療費-「10万円」or「合計所得の5%」の少ない方
=医療費控除額(最高200万円まで)


例えば、
親の給与収入が500万円
子の給与収入が200万円
だとします。


(親) 給与収入500万円-給与所得控除154万円=合計所得346万円
    合計所得346万円×5%=173000円

    10万円より多いので、医療費から差し引く金額は10万円

(子) 給与収入200万円-給与所得控除78万円=合計所得122万円
    合計所得122万円×5%=61000円

    10万円より少ないので、医療費から差し引く金額は61000円


親で確定申告する場合は、
医療費が100000円を超えなければ、医療費控除を受けられないが、

子で確定申告する場合は、
医療費が61000円を超えれば、医療費控除を受けることができます。


家族全員でかかった医療費が9万円なら、子が医療費控除を受けることで、
医療費控除額は29000円となり、税率が15%(所得税+住民税)の場合で
約4350円の税金を減らすことができるのです。
プロフィール

ろろらら

Author:ろろらら
節約情報とお小遣い稼ぎ情報を毎日公開中。

にほんブログ村 節約・節約術は節約の達人が多く参考になる情報が満載。私もよくチェックしています♪


応援クリックお願いします♪
1日1回応援クリックお願いしますm(_ _)mあなたのクリックで順位が上がれば記事更新の励みになります。
節約術メニュー
全記事表示リンク
ご訪問ありがとうございます♪
メールフォーム
ご質問、ご要望、相互リンクなどお待ちしております♪

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。